教 授   菅野 元行

Motoyuki Sugano, Prof. Dr.


環境科学、エネルギー科学

博士(工学)

エネルギー・環境エキスパート
(産業環境管理協会)

出身高校 東京都立三田
1986卒)

実践女子大学 生活科学部 現代生活学科 教授
実践女子大学大学院 生活科学研究科 生活環境学専攻 教授

 輸入に依存した化石燃料、そして原子力発電による従来型のエネルギーから、地域自立型のエネルギーシステムの確立が必要とされています。
 バイオマス、廃棄物、化石燃料の効率的なエネルギー転換の研究成果をもとに、各地域の状況に対応したバイオマスや廃棄物によるエネルギー供給手段、さらに地域のエネルギーシステムの自立など、幅広く環境、エネルギーについて教育・研究しています。また、バイオマスの燃料化に関する研究も続けております。


  ★☆担当科目☆★
現代生活学科:環境科学概論、現代社会を読み解くd(科学技術と社会)、環境の化学と工学、
フィールドリサーチa(環境・エネルギー)、ビジネス特論a(環境ビジネス)、
地域エネルギー論、実践入門セミナー、プロジェクト基礎演習a、環境化学演習、
       ゼミナール、ファイナルプロジェクト、
       地域エネルギー論演習、エコビジネス演習

学科内環境系資格事務局:環境マネジメント実務士、上級環境マネジメント実務士、
            環境再生医初級

共通教育科目(渋谷):くらしの化学



  • 55-10.pdf   2234KB - 2018/03/23 7:32 Motoyuki Sugano (v.1)
    ‎現代生活学科のエネルギー環境科目における実践的教育;実践女子大学生活科学部紀要;55;75-81 (2018)‎
  • 55-8.pdf   4381KB - 2018/03/23 7:31 Motoyuki Sugano (v.1)
    ‎現代生活学科の環境科学入門科目における教育に関する検討;実践女子大学生活科学部紀要;55;63-69 (2018)‎
  • 52-11.pdf   1420KB - 2018/03/23 7:29 Motoyuki Sugano (v.1)
    ‎バイオマスのメタン発酵による地域自立社会の形成;実践女子大学生活科学部紀要;52;93-102 (2015)‎
  • 0219.pdf   1651KB - 2014/04/21 21:14 Motoyuki Sugano (v.1)
    ‎エネルギー資源の科学技術から想定する環境社会の形成;環境社会研究;02;34-41 (2014)‎
  • 96_230.pdf   1753KB - 2014/04/21 20:52 Motoyuki Sugano (v.1)
    ‎水素供与性物質の添加による劣質炭の粘結性向上効果;鉄と鋼;96巻 (5号);230-239 (2010)‎
papers-sugano から 5 個のファイルを表示
 

日本語論文は上↑        英語論文は下

(過去数年間、単著、筆頭著者の論文のみ掲載します)



1.Additive Effects of Aromatic Oil and Styrene–Butadiene–Styrene Triblock Copolymer Upon Feedstock Recycling of Degraded Polymer Modified Asphalt(劣化した改質アスファルトのリサイクルにおけるアロマオイルとSBSの添加効果);Waste and Biomass Valorization (Springer);10巻;3579–3586 (2019)

2. Inhibition of chlorinated organic compounds production by co-pyrolysis of poly (vinyl chloride) with cation exchanged coal(陽イオン交換炭とポリ塩化ビニルの共熱分解反応における含塩素有機化合物の生成抑制)Fuel (Elsevier)151巻;164-171 (2015)

3. 環境・エネルギー系領域の教育研究による環境社会の形成
環境社会研究(実践女子大学生活科学部)354-59 (2015)

4. バイオマスのメタン発酵による地域自立社会の形成
実践女子大学生活科学部紀要5293-102 (2015)


5. Extraction of valuable compounds from hydrothermally reacted rice bran and wheat bran
(水熱反応させた米ぬかや小麦ふすまから有価物質の抽出);Waste and Biomass Valorization (Springer)3(4)381-393 (2012)
6. Effects of hydrogen transfer by exchanged cobalt upon liquefaction of low rank coal(低石炭化度炭の液化における交換コバルトによる水素移動の効果);Fuel (Elsevier)101巻;228-233 (2012)


 

最新のお知らせ

  • ノブケイン というバンドの曲が好きです。もともと角松敏生さんのプロデュースで80年代後半にCDがリリースされ、20代の頃よくウォークマンで聞いていました。笑その後、カセットテープのウォークマンからCDウォークマンに、さらにMD(小さくて便利だったなぁ)、最近ではもうデータに入れて聞いていますが、その初期のメンバーから2人が昨年後半、今月と鬼籍に入ってしまわれました。(あとお一人、すでに10年以上前にご他界)通勤電車の帰路、その路線の事故により運転を停止してしまったため別の路線に乗り換えるべく少し歩いて帰宅した日の朝刊の訃報欄で知り驚きました。疲れていたにもかかわらず、5年前の角松敏生氏の横浜アリーナでのポンタさんの雄姿を久しぶりに見て一人 ...
    投稿: 2021/03/16 10:42、Motoyuki Sugano
  • 麒麟がくる コロナ禍のため2月まで放送された2020年度の大河ドラマである。「歴史は勝者によって作られる」のは自明ですが、今までは謀反人とされていた主人公にスポットライトを浴びせたこの作品に心から拍手を贈りたい。噂として有名な光秀→天海説までは書かれなかったが、光秀氏の考え方が家康氏に受け継がれたというストーリーには納得させられた。ともあれ、「歴史は勝者によって上書きされる」ことはいつの世も不変であり、本当にその人がどう考えていたのかを推測することはとても大切であることを改めて認識させられた。2021年度の大河ドラマでは、慶喜氏「言いたいことはそれだけか」に対して栄一氏「山ほどございます」に同感。笑
    投稿: 2021/03/16 10:23、Motoyuki Sugano
  • Before the Daylight is the most darkness momemt in a day 1988年2月にリリースされた角松敏生氏のアルバム(CD)の題名である。その1曲目の「I CAN GIVE YOU MY LOVE」が、氏が今月リリースする「EARPLAY〜REBIRTH 2〜」に収録されるという。その音源が本日の氏のラジオ番組で初披露された。その内容、特に冒頭は表記の「Before the Daylight」とそのRemix版(「Voices from the Daylight」に収録)の両方で聴いたことがあるような感じで、鳥肌モノの最高な仕上がりであった ...
    投稿: 2020/04/04 6:05、Motoyuki Sugano
  • to be or not to be、東京少年少女、Tokyo Tower 角松敏生さんの新作「東京少年少女」を落手しました。CDの題名からはどんなものだろう?と思っていましたが、1曲目の「to be or not to be」で安心するとともに再び素晴らしい曲に巡り合えたことに感動しました。とてもかっこいい! SHIBUYA、IZUMOなどのスピード感のある曲が好きな自分にとって大ハマりです。(精神年齢があまり年取っていない私にとっては)詩の内容もフィットしますし、こういう気持ち、すごく良く分かる(未だにそう。笑)。そのアンサーソング的なタイトルチューン「東京少年少女」もスピード感が良く、詩の内容も頷くことばかり。そしてボーナストラックの「Tokyo Tower」。最初から良すぎて涙モノのバックボーカルとのバランス ...
    投稿: 2019/04/07 8:37、Motoyuki Sugano
  • せごどん なぜか近代史は好きではなく、大河ドラマでも幕末を扱ったものは熱心に見ていなかったのですが、せごどん!はとても感慨深い作品でした。西郷さんを良く知らない頃のイメージは銅像でしかありませんでしたが、二度も遠島にされていたのはこのドラマで初めて知りました。奄美編の映像が素晴らしかった(オープニングも奄美編から変わったのも感動)のは言うまでもなく、西郷さんはこの二度の遠島で生死を彷徨っただけではなく、人の温かさに触れたことで人間としての深みが増したように思います。(史実では色々とあるようですが、私はこのドラマのストーリーを鵜呑みにしたい) やはり辛酸舐めることで人としての暖かさが増すということでしょうか ...
    投稿: 2019/04/07 8:26、Motoyuki Sugano
1 - 5 / 63 件の投稿を表示中 もっと見る »



7. Additive effects of acetic acid upon hydrothermal reaction of amylopectin(アミロペクチンの水熱反応における酢酸の添加効果);Biomass and Bioenergy (Elsevier)44巻;130-134 (2012)
8. Additive effects of tyre rubber constituents upon coal liquefaction(石炭液化におけるタイヤゴム成分の添加効果);Waste and Biomass Valorization (Springer)3(2)233-238 (2012)
9. Mechanisms for chemical reactivity of two kinds of polymer modified asphalts during thermal degradation2種類のポリマー改質アスファルトの熱劣化における化学反応機構);Chemical Engineering Journal (Elsevier)176-177巻;231-236 (2011)
10. Liquefaction and dechlorination of hydrothermally treated waste mixture containing plastics with glass powder(水熱処理したプラスチック含有混合廃棄物のガラス粉による脱塩素・液化);Environmental Science & Technology (ACS)45 (6)2493-2497 (2011)
11. Relations between thermal degradations of SBS copolymer and asphalt substrate in polymer modified Asphalt(ポリマー改質アスファルト中のアスファルト成分とSBS共重合体の熱劣化の関係);Clean Technologies and Environmental Policy (Springer):12巻 (6号);653-659 (2010)
12. Comparison of catalytic effects of metals derived from cation exchanged coal and oil soluble complex upon liquefaction of low rank coal(低石炭化度炭の液化における陽イオン交換炭中の金属と、油溶性錯体の触媒効果の比較);Industrial & Engineering Chemistry Research (ACS);49巻 (3号);1138-1142 (2010)
13. Effects of coal rank and reaction conditions upon coprocessing coal with waste tyre(使用済みタイヤと石炭の共液化反応における反応条件と石炭化度の影響);Fuel (Elsevier)88巻 (12)2437-2441 (2009)
14. Enhancement of liquefaction of low rank coal by the catalytic effects of cation exchanged to coal(陽イオン交換炭の触媒効果による低石炭化度炭の液化の促進);Chemical Engineering Transactions18 (2)683-688 (2009)
15. Liquefaction process for a hydrothermally treated waste mixture containing plastics(水熱処理したプラスチック含有混合廃棄物の液化プロセス);
Journal of Material Cycles and Waste Management (Springer)11 (1)27-31 (2009)
16. Dechlorination of chloroprene rubber by co-liquefaction with natural rubber containing zinc oxide(酸化亜鉛含有天然ゴムとの共液化による含塩素ゴムの脱塩素);Energy & Fuels (ACS)22 (3)1986-1990 (2008)
17. Hydrothermal liquefaction of plantation biomass with two kinds of wastewater from paper industry2種類の製紙工場排水を用いた植林バイオマスの水熱液化);Journal of Materials Science(Springer)43 (7)2476-2486 (2008)