ホーム‎ > ‎スタッフ‎ > ‎菅野 元行‎ > ‎sugano-news‎ > ‎

IPCC第5次評価報告書第3作業部会報告書

2014/04/21 22:12 に Motoyuki Sugano が投稿
が4月13日に公表されました。世界全体の温室効果ガスを今世紀末にほぼゼロにできれば、環境の激変を避けるために必要とされる2度以内の温度上昇(産業革命前との差)に抑えられるとのことです。さらに、20日に公表された付属文書では、風力や太陽光と、原子力などは相互に置き換えることが可能とされています。
Comments